本文へスキップ

OKINAWA PREFECTURE ELECTRIC & PLUMBING ASSOCIATION

昇降機定期検査報告

多くの人が利用する建築物の所有者・管理者は、その建築物を適切な維持管理に努めなければなりません。
沖縄県内のエレベーター等の設置台数は年々増加の一途をたどっており、エレベーター・エスカレーター等の昇降機は建築基準法第12条第3項に基づき毎年定期的に検査資格者による検査を受けなければなりません。またその検査結果を特定行政庁へ報告する義務があります。
昇降機の安全な運行は、日常の適切な維持管理が必要です!

 ■報告が必要な昇降機とは(年1回)
   ・エレベーター
     工場等に設置されている専用エレベーター(労働安全衛生法施行令第12条第1項第6号に規定するエレベーター)は除く
   ・エスカレーター
   ・小荷物専用昇降機(フロアタイプ)
    ※ホームエレベーターなどの個人住宅に設置された昇降機は除く。

 ■報告者とは

報告書の提出義務者は、報告をしなければならない昇降機の所有者又は管理者(所有者からその昇降機について維持管理を委託された方)になります。

 ■検査員(報告できる人)とは

  検査は次の資格を有する技術者により実施して下さい。
   (1)一級建築士、二級建築士
   (2)国土交通大臣認定の昇降機検査員

 

 ■報告書の提出期限

検査後1ヶ月以内に報告書を作成し、(一社)沖縄県電気管工事業協会へ提出してください。

 

 ■報告書類提出の流れ

   

    ※特定行政庁とは、沖縄県・那覇市・浦添市・宜野湾市・沖縄市・うるま市を指します。

 ■提出する報告書類について

  提出する報告書類は以下の通りです。
    ・チェックリスト
    ・定期検査報告書
    ・検査結果表
    ・主索及びブレーキパッドの写真
    ・関係写真(必要に応じて)

※チェックリストの提出について
平成28年6月より施行された「建築基準法の一部を改正する法律(平成26年法律第54号)」により、沖縄県内特定行政庁へ昇降機定期報告書を提出する際に、チェックリストの添付が義務付けられました。つきまましては、報告書を提出する際にはチェックリストに沿って内容を確認した上で、報告書類を提出して下さい。まとめて(複数)提出する場合でもチェックリストは1枚でかまいません。


  報告書1部を(一社)沖縄県電気管工事業協会へ提出してください。

 ■報告書類

  平成29年4月1日以降の検査実施分については新様式で提出して下さい。
  平成29年3月31日以前の検査実施分については現行様式で提出して下さい。
  
 ■昇降機

 

お問合せ

〒900-0036
那覇市西3-4-5

TEL 098-868-8400
FAX 098-868-8224